バセドー病とは。

バセドー病に関するページです。バセドーとは?バセドー病の症状・治療法や眼球突出などについて!mixiでコミュニティ展開中→http://mixi.jp/view_community.pl?id=3708666

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

バセドー病の治療法。アイソトープ(放射性ヨード)治療編

 アイソトープ(放射性ヨード)治療とは放射性ヨードを服用し、異常に増えてしまった甲状腺細胞を破壊することによって、甲状腺ホルモンの分泌量を減らす治療方法です。カプセルの飲むだけなので痛みは傷の心配はありません。効果は2ヶ月から6ヶ月とゆっくりあらわれてきます。なお、甲状腺腫が大きい人や経過が思わしくない人は、1回だけではなく、期間をあけて2回、3回と再度治療が必要な場合があります。

 アイソトープ(放射性ヨード)治療方法

 外来連続2日間の通院で行います。かぜ薬と同じような大きさのカプセルを飲みます。24時間後の2日目に甲状腺の大きさや機能を検査し、その結果によって決まった治療量のカプセルを飲みます。治療前後の数日間はヨード摂取を控えます。昆布やひじきなどヨードを含んでいるものを摂取してはいけません。

 服用した放射性ヨードは、体から抜けていくので他の臓器に影響を与えることはありません。しかし、周囲にいる人が被爆してしまうので治療後は以下のような注意が必要です。

・必要以上に出歩かない。
・1人で寝る。
・入浴は最後にする。
・トイレの使用後はよく水を流す。
・ほかの人との体の接触は避ける。

治療後に甲状腺機能低下症になる

 アイソトープ(放射性ヨード)治療によって、今まで多すぎた甲状腺ホルモンが逆に減ってしまうことがあります。甲状腺機能低下症になると、甲状腺ホルモンを補うためにレボチロキシンナトリウム(商品名 チラーヂンS)を服用しなければなりません。 
スポンサーサイト
  1. 2011/08/08(月) 18:49:31|
  2. バセドー病の治療
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<バセドー病の治療。手術療法編 | ホーム | バセドー病の治療法。薬物治療編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://omensofpeace.blog95.fc2.com/tb.php/8-d66ec6c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。